• (見出し用:中央揃え)
  • (1個目のテキスト)
  • (2個目のテキスト)
  • (3個目のテキスト)

すべてのページの中身はあくまでDEMO表示用に記述したものです。

よって内容の正確さに関しましてはいかなる保証をするものでもありません。予めご了承ください。

このページのみですが、ベースカラー別サンプルや右サイドメニューなどを確認できます。

※ベースカラー変更で変わるのは、【Volar】による自動変更箇所に加えてロゴ画像エリアの背景色・お知らせ機能背景色・フッターエリアの背景色および本文見出しのボーダーなどです。

ウォーターサーバーの評判・口コミ(H2見出し)

 

H1見出しのサンプルはコチラのページでご確認できます。

 

ウォーターサーバーを導入しようとしようとネットを検索してみたら、情報が多すぎてどこがいいのかさっぱりわからないという経験はないですか?

 

中で

も一番気になるのは

「本当のところはどうなの?」

「評判や口コミは信頼できるの?」

といったとこじゃないですか。

 

まぁこれは実際に使った人でないと絶対にわからない話であって、しかも実生活において本当に「使える」モノなのか、ここが一番重要じゃないでしょうか。

 

私もウォーターサーバーを設置するにあたってあちこち調べてみましたよ。

評判・口コミを大検証(H2見出し)

ウォーターサーバーは何十社もありますが似たようなところも結構多いです。

 

中には権利だけ借りて扱う商品は同じモノなんてところもけっこうあります。

(名前は違うけどなんか同じ商品のような気がするなぁと感じた会社、なかったですかぁ?

 

当サイトでは特徴がある以下の5社を例に、事前にチェックしておくべき試算表を作成してみました。

 

H3見出し

ウォーターサーバーは何十社もありますが似たようなところも結構多いです。

 

中には権利だけ借りて扱う商品は同じモノなんてところもけっこうあります。

(名前は違うけどなんか同じ商品のような気がするなぁと感じた会社、なかったですかぁ?

 

当サイトでは特徴がある以下の5社を例に、事前にチェックしておくべき試算表を作成してみました。

 

H4見出し

ウォーターサーバーは何十社もありますが似たようなところも結構多いです。

 

中には権利だけ借りて扱う商品は同じモノなんてところもけっこうあります。

(名前は違うけどなんか同じ商品のような気がするなぁと感じた会社、なかったですかぁ?

 

当サイトでは特徴がある以下の5社を例に、事前にチェックしておくべき試算表を作成してみました。

 

H5見出し

ウォーターサーバーは何十社もありますが似たようなところも結構多いです。

 

中には権利だけ借りて扱う商品は同じモノなんてところもけっこうあります。

(名前は違うけどなんか同じ商品のような気がするなぁと感じた会社、なかったですかぁ?

 

当サイトでは特徴がある以下の5社を例に、事前にチェックしておくべき試算表を作成してみました。

 

H6見出し

※下記試算は、最低注文本数【12㍑×2本分など】に相当する水を毎月定期購入もしくは随時購入する場合をベースに試算しています。

苦情・トラブルの原因を探る

苦情・トラブルの原因はいくつかあります。

 

  • 単純に商品の精度が悪い
  • 販売側の商品説明不足
  • 消費者側の理解力不足
  • 販売側と消費者側のコミュニケーション不足
  • 消費者側のマニュアル読まず症候群

 

  1. 単純に商品の精度が悪い
  2. 販売側の商品説明不足
  3. 消費者側の理解力不足
  4. 販売側と消費者側のコミュニケーション不足
  5. 消費者側のマニュアル読まず症候群

 

  • 単純に商品の精度が悪い
  • 販売側の商品説明不足
  • 消費者側の理解力不足
  • 販売側と消費者側のコミュニケーション不足
  • 消費者側のマニュアル読まず症候群

 

ウォーターサーバーに限って言えば

キャプチャ画像

サーバー到着後1週間で使えなくなったなんていう評判や口コミもたまに目にしますが、これに関しては本当に初期不良だった場合と自分の誤った使い方が原因で動かなかくなったなんていうケースもあるんじゃないかと思います。

初期不良に関してはこれはいたしかたありません。

完璧な商品なんて存在しませんから。

 

たとえば最初から電源が入らないなんていうのはほぼ初期不良の疑いでいいでしょう。

 

ウォーターサーバーの機種の製造国はほとんどがアジア圏ですからある意味仕方のないことだと思います。

 

ここで問題なのは自分の使い方が悪かったという認識がない場合です。

 

「正常に使ってたのに動かなくなった!」

 

これですね。

 

思い込みは危険

 

私はウォーターサーバー申込みに当たり、何度も各社のサポートセンターに連絡を取りましたが総じてサポートの受け答えの態度や説明内容に関してはどこも丁寧で納得のいくものでした。

 

別にウォーターサーバー会社の肩を持つわけぢゃぁないですが、サーバー到着後にも連絡を取り、私の疑問に対して面倒くさがらずお答えいただきましたよ。


 

まぁこれもたまたま性格の悪い担当者に当たらなかっただけなのかもしれません。

(中にはマニュアル通りの対応しかできない人間味のない担当者もいますからね)

 

以前サポートの仕事をやってたと先に書きましたが、その経験から言わせていただきますと、お問合せをいただく方の大半は、ホームページの情報を斜め読みしてきちっと理解してないか、マニュアルを一度も開くことなくいきなり電源を入れて「動かない」「音が出ない」「部品が取れた」などというものです。


 

本来ならiPhone のように取扱説明書を見なくても操作できるような商品ならいいんですけど、全部が全部そんなうまい商品が作れるとは限りません。

 

まして大型商品ですから使う前にはきちっとマニュアルを読むべきです。

 

わずか数ページですし。

こういった経験もあるので、悪い評判や口コミ、苦情やトラブルなどのネットでの報告を全部が全部そのまま受け入れてしまうのはちょっと危険なような気もします。

 

ただ確実に言えるのは、疑問点があったとしたら「多分○○なんだろう」と勝手に判断しないことです。

 

ウォーターサーバーのサイトに載ってる説明は、実際に使ってみての説明というよりはあくまでその商品のデータに基づく説明がほとんどでしょうから、率直な感想としては『現実味がちょっと薄い』です。

 

一方、サイト作成者側からすれば「こういった表現で充分伝わるだろう」という変な慣れみたいなものもあったりします。

 

これがよくあるコミュニケーション不足ですね。

 

なので気になる点は電話でもメールでも事前に確認しておいた方がいいですよ。

もちろん体験談をチェックするのも有効です。

 

そして明らかに故障だとわかった時は、速やかにサポートに連絡を入れましょう。

ウォーターサーバーFAQ

チャイルドロックは必須なんだけどいろいろあってどれがいいかわかんないのよね

場合によってはチャイルドロックの性能ウォーターサーバー選択基準の第1位に挙げる方もいらっしゃるかもしれません。

 

やっぱりやけどは心配ですもんね。

 

一口にチャイルドロックといっても、複数のレバーを握らないとお湯が出ないモノ、ボタンを押しながらでないとお湯が出ないモノ、温・冷水どちらにもチャイルドロックが付いてるモノなど、ウォーターサーバーによってそれぞれ異なります。

 

チャイルドロックについてはサイトに画像付きで説明されてることが多いので、お子さんの年齢に応じてどの程度のレベルなら安全かをチェックしておきましょう。

 

どうしてもわからない場合はサポートなどに連絡することも必要です。

 

チャイルドロックが逆に邪魔なんだよなぁ

チャイルドロックはほとんどのサーバーに標準搭載されています。

 

しかし子供が大きかったりするとチャイルドロックは面倒以外の何物でもありません。

 

片手で操作できるものならまだどうにかなりますが、両手を使わないと解除できないタイプのモノはストレスたまりまくりです。

 

こういうときはコスモウォーターの「らく楽 smart」のようにチャイルドロック常時解除装置の付いたサーバーを選ぶといいです。

 

ウォーターサーバーっていったら天然水だよね、でも届いた水は違ってたんだ。詐欺だ!

ウォーターサーバーといえば「天然水」というイメージを持つ方は少なくないようです。私も最初はそうでした。

 

サイトの説明をよく読めば天然水かRO水かはわかるんですが、先入観を持ったまま斜め読みしていくもんだから重要な点を見過ごしちゃうんでしょうね、きっと。

(ここではRO水の説明は割愛します。詳しくはトップページのリンク先のサイトでご覧になれます)

 

おおざっぱに言えば、水代が他に比べて多少割高なのが天然水安いのがRO水です。

 

申込み前にウォーターサーバーのサイトできちんと確認しておきましょう。

天然水はおいしい、RO水はおいしくないっていうイメージがあるけど、どうよ?

RO水はピュアウォーター(純水)とも呼ばれ、ミネラル成分まで除去されたままのRO水は完全に無味無臭です。

いい意味での雑味が一切ありません。

 

それをおいしいかまずいかと言われても、突っぱねる言い方で申し訳ないですが、個人の好みとしか言いようがないですね。

 

水ってこんなに重かった?ボトルがなかなか持ち上がんな~い。誰か助けて!

回答画像

ウォーターボトル1本の量は12リットル(12kg)が一般的です。

 

悪いことは言いません、本当に私は力がないのと自覚されてる方は8リットルなどの軽量ボトルを扱っているウォーターサーバーかもしくはボトルを持ち上げないで水交換可能なウォーターサーバーを選択しておきましょう。

いつも水が漏れるのはやっぱり故障かな?故障だよね、いやきっと故障だわ!

回答画像

故障と片付ける前にもう一度マニュアル通りに事を進めてみましょう。

 

最近はマニュアルも読まずにすぐ動かそうとしてしまう方が少なくないです。

 

ウォーターサーバーはiPhoneと同じじゃないんです。キリッ。

 

大抵はマニュアルをきちんと読み返すことで問題が解決することが多いです。

でも部品が破損していたなんていう場合は即刻サポートに連絡しましょう。

 

正常使用であれば修理交換は原則として無償扱いですから。

ポイント・ランキング

デフォルトポイントの内容です。

 

デフォルトポイントの内容です。

 

ポイント1

ポイント1の内容です。

(※アイコンは各ベースカラーに合わせて色を変更してます)

 

ポイント2

ポイント2の内容です。

 

ポイント3

ポイント3の内容です。

 

ポイント4

ポイント4の内容です。

 

ポイント5

ポイント5の内容です。

 

 

 

ランキング1位

ランキング1位の説明内容です。

 

ランキング2位

ランキング2位の説明内容です。

 

ランキング3位

ランキング3位の説明内容です。

 

ランキング4位

ランキング4位の説明内容です。

 

ランキング5位

ランキング5位の説明内容です。

ランキングサンプル

※ランキングのレイアウトやカラーは多少カスタマイズしてあります。

 

キャプチャ画像

『商品名がここに入ります』の特徴
説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。 説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。
価格
32,000
評価
評価4.5
備考
ここは備考欄です。
フリー項目1タイトル
フリー項目1の内容になります。フリー項目1の内容になります。フリー項目1の内容になります。
フリー項目2タイトル
フリー項目2の内容になります。フリー項目2の内容になります。フリー項目2の内容になります。フリー項目2の内容になります。フリー項目2の内容になります。フリー項目2の内容になります。
『商品名がここに入ります』の総評
こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。 こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。

キャプチャ画像

商品名がここに入りますの特徴
説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。 説明文1になります。説明文1になります。説明文1になります。
価格
2,600
評価
評価3
備考
ここは備考欄です。
商品名がここに入りますの総評
こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。 こちらは説明文2になります。こちらは説明文2になります。

 

ベースカラー選択

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替

更新履歴